カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

やました

彩雲の店長です。上海万博のネパール館でタンカと出会い、一目で魅了されました。これをきっかけにして神様仏様に関連する彩雲ショップをやることに決めました。よろしくお願いします。

店長日記はこちら

Instagramバナー
【Friends of the shop】

LOKI

craft-poni

モバイル

Feed

【鷹(たか)】 
  

中国では、鷹は「英」と同じ発音で、「英雄」に通じるとされます。日本では江戸時代に武士の間で鷹狩りが広まりました。 以来、鷹=武士道の象徴とされ、現代では出世など昇り詰める野望と結び付けられます。
↓詳細はこちらからどうぞ
鷹(ガーデンクォーツ)

 

【夫婦鶴(めおとづる)】 
  

「鶴は千年、亀は万年」鶴は亀と並び、長寿の象徴として知られています。鶴は夫婦仲が大変良く一生を連れ添い、その姿は「夫婦鶴=めおとづる」と呼ばれています。 また、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれ、おめでたい鳥として尊ばれてきました。
↓詳細はこちらからどうぞ
夫婦鶴(ガーデンクォーツ)   

夫婦鶴(ガーデンクォーツ)

 

【鸚鵡(おうむ)】 
  

鳥は幸せを運ぶ使者といわれます。オウムは人間の言葉をまねるほど頭が良いだけでなく、求愛行動で雄と雌が互いに毛づくろいや餌を与え合い、つがいでヒナを育てる習性があり、このことから夫婦和合、家族円満の象徴とされています。
↓詳細はこちらからどうぞ
鸚鵡(翡翠)   

鸚鵡(翡翠)

 

【雛と鶏(ひよことにわとり)】 
  

左はニワトリのひな。ぴよぴよと鳴く可愛いひよこ、まだ一人前でないものの例えとして使われますが、成長しニワトリになると神話に霊長として描かれています。神話では、太陽神のアマテラス大神が、弟のスサノオ命の乱暴狼藉に怒って、天石戸(あまのいわと)に隠れたとき、常世の石戸の前でニワトリを集めて泣かせたことによって、真っ暗闇となった世界に太陽の光がよみがえったとされています。 ニワトリは邪気悪霊を払い、陽の気を呼ぶめでたい存在ということで、その霊力が神話のなかに示されています。
↓詳細はこちらからどうぞ
雛(翡翠)   

鶏(翡翠)

 

【金魚(きんぎょ)】 
  

金運をもたらす縁起の良い生き物。 中国語で金余(お金が余る)と同じ発音をします。
↓詳細はこちらからどうぞ
金魚(タンジェリンクォーツ)   

金魚(ガーデンクォーツ)

 

【鯉(こい)】 
  

日本人にとって鯉は、昔から「出世魚」などと呼ばれ、めでたいイメージが強くあります。その中心になっているのは「鯉の滝登り」のことわざとしても知られる中国の登竜門伝説です。滝を登りきった鯉は登竜門に辿りつき龍になるという伝説があり、出世や昇進の縁起が担がれています。
↓詳細はこちらからどうぞ
鯉(翡翠)   

鯉(翡翠)

 

【天道虫(てんとうむし)】 
  

《天道虫》世界各地で幸せのシンボルとされている天道虫。イギリスでは「聖母マリアの虫」と呼ばれ、また他の国では、女性の手に天道虫がいたら、その女性はまもなく結婚するといわれています。
↓詳細はこちらからどうぞ
天道虫(タンジェリンクォーツ)   

 

 ここでは鳥・魚・虫たちをご紹介しました。

ご覧いただきありがとうございます。


彩雲に掲載している鳥・魚・虫はこちらに掲載しています。

ぜひこちらもご覧になってください。