密教について(初期から中期)


紀元前6世紀以降、大乗仏教は後期の段階に入ります。その頃は
ヒンドゥー教の隆盛によってインド仏教(大乗・部派)は圧迫されていました。
そこでヒンドゥー教の要素を仏教に取り込むことでインド仏教の
再興を図りました。これが密教成立の背景です。



初期仏教、部派仏教、大乗仏教の経典では、
仏陀が公開形式で教えを説いており、これを顕教(けんぎょう)と呼ぶのに対し、
特定の行者にのみ秘したかたちで説いたとされる教えを秘密教、
略して密教といいます。



初期の密教は、密教経典などはなく、雑密(ぞうみつ)と呼ばれていましたが、
その後、新興のヒンドゥー教に対抗できるような、
本格的な仏教とするために理論体系が試みられました。
そして、7世紀に「大日経(だいにちきょう)」と
「金剛頂経(こんごうちょうきょう)」が成立し、
これ以降の密教は純密(じゅんみつ)と呼ばれ、本格的密教が始まりました。



「大日経」の教えを図像化したものを「胎蔵曼荼羅(たいぞうまんだら)」といい、
「金剛頂経」の教えの図像化を「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」といいます。
大日経と金剛頂経は日本の真言密教では、
「両部の大経」として重要視されています。



密教は仏陀が説法する形式ををとる大乗仏教とは異なって、
毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ=大日如来)が説法をする形で
密教経典を編纂しています。毘盧遮那仏は、宇宙仏(法身仏)といわれ
宇宙の真理を全ての人に照らし、悟りに導く仏です。
金剛頂経では仏陀は毘盧遮那仏の仮の姿だとされています。



大乗仏教でも、かなり呪術は用いられましたが、密教はさらに神秘主義の
道を行きますので、徹頭徹尾、呪文や呪術的な儀礼から成り立っています。
多様な世界観を示す曼荼羅(まんだら)が誕生し、
  大日如来を中心とした五仏からあらゆる諸尊が生み出されるという形で、
密教における仏尊の階層化・体系化が進みました。




タンカについて
タンカの製作
大乗仏教について
小乗仏教について
密教について(初期から中期)
密教について(後期)
曼荼羅(マンダラ)について
チベット密教について
五仏(五如来)について

参考文献