パールヴァティー/真鍮

パールヴァティー


ちいさな真鍮製のパールヴァティー。

《パールヴァティー》インドの三大神の一人、シヴァ神の妃がパールヴァティーです。
この名は、山(パルヴァト)の娘という意味で、シヴァと関係の深いヒマラヤの女神と考えられています。彼女は、炎に身を投じて死んだシヴァの最初の妻、サティーの生まれ変わりとしてヒマラヤの神と、その妻メーナーのあいだに産まれました。

彼女はシヴァのパワーの源(シャクティ=性力)といわれています。インドの女神として人気がある「カーリー」と「ドゥルガー」はパールヴァティーの化身とされています。

インドには数多くの女神がいてシヴァの妻になっていますが、その多くが「実は私はパールヴァティー」という設定になっているようです。

■サイズ:8.0m×2.8cm(高さ×幅)
■重さ:約85g
■材質:真鍮製
 真鍮は銅と亜鉛の合金で、黄銅とも呼ばれます。
■生産国:ネパール
※真鍮製品のため経年によるサビや変色が現れます。ご了承ください。








型番 BBS-1811-4
販売価格 3,850円
購入数