タンカ(仏画)

タンカ(Thangka)はチベット仏教で用いられる「仏画」の総称です。
タンカに描かれる如来や菩薩などの尊像は、密教の儀式や規則を記した「儀軌(ぎき)」という経典にその容姿や身体の色、持っている法具などが厳格に定められています。例えば阿弥陀如来の身体の色は赤、大日如来は白、薬師如来は青というふうにです。
描かれた尊像をありありと心に浮かべ観想を行ったり、尊像と自らの合一を目的とする特殊な修行を行ったり、タンカは「悟り」へと向かう手助けとして必要とされています。

仏の種類別にカテゴリーを分けました。クリックするとそれぞれの説明と商品が表示されます。

カテゴリー一覧

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順