カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

やました

彩雲の店長です。上海万博のネパール館でタンカと出会い、一目で魅了されました。これをきっかけにして神様仏様に関連する彩雲ショップをやることに決めました。よろしくお願いします。

店長日記はこちら

Instagramバナー
【Friends of the shop】

LOKI

craft-poni

モバイル

Feed

【仏陀(ぶっだ)】 

紀元前5世紀頃、インドのブッダガヤで悟りを開き、目覚めた人ブッダとなった実在の人。ブッダは自らが体得した悟りの境地、その境地をもたらした智慧、 そして、その智慧をもたらした修行法を説法し仏教の開祖になりました。石は翡翠(ひすい)です。 釈迦如来、お釈迦さん、釈尊、仏陀などいろいろな名前で呼ばれます。
お顔だけではどの如来かわかりませんが、如来像は,悟りを開いた釈迦の姿を基本にしていますので仏陀として紹介しています。

詳細はこちらからどうぞ→仏陀(ぶっだ)

 



【仏陀(ぶっだ)】 

こちらは血紫檀(けっしたん)の仏陀。 禅定印(ぜんじょういん)を結び、托鉢用の器をもっています。

詳細はこちらからどうぞ→仏陀

 



【阿弥陀如来(あみだにょらい)】 

西方にある仏の国、極楽浄土に住む阿弥陀様。 「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えると、生前に悪い行いをした人でも極楽浄土に連れていってくれる、ありがたい仏さま。石はオブシディアンです。

詳細はこちらからどうぞ→阿弥陀如来

 



【阿弥陀如来(あみだにょらい)】 

こちらは水晶の裏彫りの阿弥陀如来。

詳細はこちらからどうぞ→阿弥陀如来

 



【大日如来(だいにちにょらい)】 

真言宗の開祖・空海が、中国へ行った際に学びとり、日本に持ち帰った仏さま。密教の世界においては絶対的な存在で、如来のなかでも最高位とされ、この世のものはすべて大日如来の化身とされています。 蓮華座の上に結跏趺坐(けっかふざ)し、手は智慧を象徴する「智拳印(ちけんいん)」を結び、また宝冠、腕輪、首飾りをつけています(如来はアクセサリー類を身につけないのが普通だが、大日如来は特別)。石はオブシディアンです。

詳細はこちらからどうぞ→大日如来

 



【大日如来(だいにちにょらい)】 

こちらは水晶の大日如来。

詳細はこちらからどうぞ→大日如来

 



【薬師如来(やくしにょらい)】 

薬師如来が住んでいるところは、阿弥陀如来が住む西方極楽浄土とは反対側の東の果てにある浄瑠璃浄土。そこは青い宝石(瑠璃)が敷き詰められ、建物も青い宝石でできた美しい世界といわれています。 あらゆる病を治し、貧しい人々には衣食などを与え、災難がふりかかれば救い出してくれる。現世で起こるさまざまな問題に救いの手を差し伸べてくれる仏です。
薬師如来は菩薩だった頃に「十二の大願」を立てて修行をしたとされ、その大願の一つに、人々を病気の苦しみから救うという内容があったことから、医師を意味する「薬師」という名がつけられたといいます。 病を治す万能薬が入っている薬壺(やっこ)を持っています。石はラピスラズリです。

詳細はこちらからどうぞ→薬師如来

 



【薬師如来(やくしにょらい)】 

こちらは血紫檀の薬師如来と龍です。

詳細はこちらからどうぞ→薬師如来と龍

 



【毘盧遮那如来(びるしゃなにょらい)】 

毘盧遮那如来は、盧遮那仏(るしゃなぶつ)ともよばれます。華厳経(けごんきょう)に説かれ、仏教の教えそのものを神格化した存在で、仏教世界の中心にいるとされる如来。
華厳とは、たくさんの蓮華に荘厳(しょうごん)された大宇宙という意味で、釈迦浄土、薬師浄土、阿弥陀浄土だけでなく、夜空の星のように、無数の浄土がこの世にはあり、その総体を毘盧遮那と呼んでいます。

奈良県の東大寺の大仏、鑑真が建てた唐招提寺の本尊が毘盧遮那如来です。
この毘盧遮那如来を発展、展開させたものが、密教で完成し、宇宙の真理そのものを表した大日如来です。
《鑑真》[688〜763]奈良時代の渡来僧。日本の律宗の祖。中国揚州(江蘇省)の人。渡日を志して五度失敗し、その間に失明したが、天平勝宝5年(753)来日。東大寺に初めて戒壇を設け、聖武上皇らの帰依を受け、毘盧遮那如来を本尊とする唐招提寺(とうしょうだいじ)を創建しました。

詳細はこちらからどうぞ→毘盧遮那如来

 



 仏教が説くほとけさまのなかで最高位の如来をご紹介しました。

ご覧いただきありがとうございます。


彩雲に掲載している如来はこちらに掲載しています。

ぜひこちらもご覧になってください。