五仏-阿閦如来(あしゅくにょらい)[タンカS]

五仏ー阿閦如来
ごぶつーあしゅくにょらい
(アクショーブヤ)


鉱物性顔料と、24金から作られた金泥をふんだんに使って描いたタンカです。

《阿閦如来》阿閦如来は金剛界マンダラでは大日の東に位置します。

阿閦(アクショーブヤ)とは、「動じないもの」を意味し、
この仏は悟りを開いた仏陀の何事にも動じない姿を表すといわれます。

阿閦は身体が青色をしており、この色は仏法の障害や悪魔を打ち砕く、ほとけの怒りの色とされています。

右手で釈迦如来にみられるような触地印(しょくちいん)を結んでいます。

■サイズ(縦×横):外寸373×263mm(絵330×228mm)
■生産国:ネパール
※タンカのみの販売です。額はついていません。


























如来や菩薩を描いた仏画はチベットネパールの伝統美術で『タンカ(Thanka)』と呼ばれます。
熟練したタンカ絵師が長い時間をかけて丁寧に描いています。

絵具は鉱物性顔料(※1)を使っています。
また24金から作られた金泥(※2)が使われています。
※1鉱物性顔料―天然鉱石を砕いて作られた絵具。
  日本では日本画の画材「岩絵の具」と呼ばれ、古くは古墳時代の遺跡にも見られる。
  代表的な色と鉱石は、青−琉璃(ラピスラズリ)、緑−孔雀石(マラカイト)、赤−辰砂(シンナバー)など。
※2金泥(きんでい)―純金の粉を膠(にかわ)の液で泥のように溶かしたもの
型番 BH-S012
販売価格 28,500円
購入数