仏頂尊勝(ぶっちょうそんしょう/ウシュニーシャ・ヴィジャヤー)[タンカM]

仏頂尊勝
ぶっちょうそんしょう
(ウシュニーシャ・ヴィジャヤー)



仏頂尊勝は仏陀の肉髻(にっけい:頭頂部の突起した肉塊)を独立した仏とした密教の仏です。つまり仏陀の頭頂の徳や仏智を神格化したものです。   

この仏の陀羅尼(だらに:神通力を与える力があるとされる呪文)を唱えれば、罪障は消滅し、長寿を与えられ、災いは除去され、悪魔を退散させ、死者を成仏させるなどの無量の功徳(くどく)があるといわれています。

仏頂尊勝の標準的図像は、身体の色は白色、三面八臂(中央が白、右が黄、左が青の3つの顔と8本の腕)で、右手は羯磨金剛(かつまこんごう:金剛杵を十字に交差させたもの)・蓮台上に阿弥陀如来像・矢・与願印。左手は弓・祈克印に索・施無畏印・水瓶をもっています。

■サイズ(縦×横):395×305mm
■生産国:ネパール
※タンカのみの販売です。額はついていません。






















如来や菩薩を描いた仏画はチベットネパールの伝統美術で『タンカ(Thanka)』と呼ばれます。
熟練したタンカ絵師が長い時間をかけて丁寧に描いています。

絵具は鉱物性顔料(※1)と合成顔料のポスターカラーを使っています。
また金の発色は24金から作られた金泥(※2)が使われています。
※1鉱物性顔料―天然鉱石を砕いて作られた絵具。
  天然ものなので他の色味をもつ鉱物が若干混ざっており、そのため独特な色合いと深みを持っています。
  日本では日本画の画材「岩絵の具」と呼ばれ、古くは古墳時代の遺跡にも見られます。
  代表的な色と鉱石は、青−琉璃(ラピスラズリ)、緑−孔雀石(マラカイト)、赤−辰砂(シンナバー)など。
※2金泥(きんでい)―純金の粉を膠(にかわ)の液で泥のように溶かしたもの

タンカの価格は、緻密さや全体のバランスなど絵師の熟練度によっても決まりますが、
一般的に、高価なタンカはより多くの鉱物性顔料と、24金から作られた金泥が使われています。

型番 thangkaM054