普賢菩薩(ふげんぼさつ/サマンタバドゥラ)[タンカSGP]

普賢菩薩-金染料
ふげんぼさつ
(サマンタバドゥラ)


画面全体に金の染料を使ったタンカ。24金ではなく金の合成染料を使っています。

《普賢菩薩》文殊が智慧の菩薩とされるのに対し、普賢は行(ぎょう)の菩薩で、慈悲をつかさどり、堅固な菩提心(悟りを願いもとめる心)をもつといわれます。

大乗仏教経典の「華厳経(けごんきょう)」などには、普賢は限りない願いを叶え、あらゆる場所に偏在する菩薩として、6つの牙を持つ白象に乗る姿で表されます。

チベット密教のニンマ派では普賢は後期密教のにおける最高的存在で、全ての仏の父母であり、根源である究極の存在にまで高められ、普賢は真理そのものを体にしているという意味の法身仏(ほっしんぶつ)であるとされました。

その際、普賢菩薩は、身体の色は青色で、如来の姿をとり、結跏趺坐の姿で、妃である普賢母を抱く姿で表されます。

■サイズ(縦×横):外寸350×257mm(絵310×225mm)
■生産国:ネパール
※タンカのみの販売です。額はついていません。
























如来や菩薩を描いた仏画はチベットネパールの伝統美術で『タンカ(Thanka)』と呼ばれます。
熟練したタンカ絵師が長い時間をかけて丁寧に描いています。

絵具は鉱物性顔料(※1)と合成顔料のポスターカラーを使っています。
また金の発色は24金から作られた金泥(※2)が使われています。
(※このタンカは金泥ではなく、金の合成染料を使っています)
※1鉱物性顔料―天然鉱石を砕いて作られた絵具。
  天然ものなので他の色味をもつ鉱物が若干混ざっており、そのため独特な色合いと深みを持っています。
  日本では日本画の画材「岩絵の具」と呼ばれ、古くは古墳時代の遺跡にも見られます。
  代表的な色と鉱石は、青−琉璃(ラピスラズリ)、緑−孔雀石(マラカイト)、赤−辰砂(シンナバー)など。
※2金泥(きんでい)―純金の粉を膠(にかわ)の液で泥のように溶かしたもの

タンカの価格は、緻密さや全体のバランスなど絵師の熟練度によっても決まりますが、
一般的に、高価なタンカはより多くの鉱物性顔料と、24金から作られた金泥が使われています。

型番 BH-S007
販売価格 19,500円
購入数